書籍・出版物

ヘイトスピーチはどこまで規制できるか

2015年12月5日に開催されたシンポジウムの記録を書籍化。

2016年8月出版。 「今そこにあるヘイトスピーチ被害に対して、現行法はどこまで対処できるのか?」というテーマについて、歴史家・憲法学者・弁護士たちにより交わされた議論等を収録。

編著 LAZAK(在日コリアン弁護士協会)編 板垣竜太、木村草太 ほか著
出版社 日本加除出版
発刊年月 2015/4
価格 3,888円 (税込)

第2版 Q&A 新・韓国家族法

初版から、設問数を17問増やし、内容を充実化。

上記[Q&A 新・韓国家族法]の第2版。2015年4月出版。 2014年10月15日(2015年10月16日施行)までの韓国民法の改正に対応。

編著 在日コリアン弁護士協会
出版社 日本加除出版
発刊年月 2015/4
価格 3,888円 (税込)

憲法裁判所(翻訳)

韓国現代史を語る

2012年5月出版。 韓国の民主化運動により生まれた憲法裁判所の約20年間の成長と憲法裁判が韓国社会に与えた影響について、膨大な資料の分析、100時間を超えるインタビュー等により明らかにした書籍の翻訳本。

編著 李範俊
翻訳 LAZAK(在日コリアン弁護士協会)
出版社 日本加除出版
発刊年月 2012/5
価格 3,780円(税込)

韓国憲法裁判所 重要判例44

社会を変えた違憲判決・憲法不合致判決

2010年12月出版。 韓国社会の民主化とともに歩んできた憲法裁判所の制度と重要判例を紹介。 韓国憲法裁判所憲法研究員・孫亨燮氏による監修。

編著 LAZAK(在日コリアン弁護士協会)
監修 孫亨燮
出版社 日本加除出版
発刊年月 2011/1
価格 3,240円(税込)

日本の裁判に表れた在日コリアン(韓国語)

韓国学術情報

「裁判の中の在日コリアン 中高生の戦後史理解のために」の韓国語版。 2010年8月、日本の韓国併合後100年を記念して韓国で出版。 朴寅東韓国弁護士による翻訳。

編著 LAZAK(在日コリアン弁護士協会)
翻訳 朴寅東
出版社 教保文庫(韓国)
発刊年月 2010/8
価格 3,240円(税込)

Q&A 新・韓国家族法

改正韓国民法、家族関係登録法に対応

2009年12月出版。 韓国家族法に関するQ&A方式の実務的解説書。 2005年,2007年韓国民法の各改正,韓国家族関係登録法制定等の法改正・新法制定に対応。

編著 LAZAK(在日コリアン弁護士協会)
出版社 日本加除出版
発刊年月 2010/1
価格 3,240円(税込)

裁判の中の在日コリアン

中高生の戦後史理解のために

2008年2月出版。 ウトロ裁判,地方参政権訴訟,BC級戦犯の戦後補償裁判,金嬉老事件など,解放後の在日コリアンが当事者となった裁判について,中学・高校生を対象とした人権啓発書籍。

編著 LAZAK(在日コリアン弁護士協会)
出版社 現代人文社
発刊年月 2008/2/13
価格 1,728円(税込)
ページの上部へ